競馬予想・購入馬券

【日本ダービー】人気馬5頭を過去・ウマ・ひと予想で評価!からの三連単6ケタ配当狙い馬券!

この記事は、G1レース・日本ダービーで三連単10万馬券を当てることを目的とした記事で、ピックアップした人気馬5頭を【過去・ウマ・ひと】の視点から予想して三連単を当てようとするものです。

【日本ダービー】イントロダクション

狙いは、6ケタ配当です。

【日本ダービー】三連単を当てるためのチェック項目

具体的には、過去分析として前走レース・過去実績、ウマチェックとして調教追い切り、騎手評価として、出走馬との相性や同じコースでの成績をチェックしていきます。

【日本ダービー】的中するためのチェックポイント

三連単の配当が10万円以上になるかどうかは当然わからないわけですが、三連単で馬券を当てるために必要だと私バケンザルが思う項目をインプットしながら、人気馬5頭の評価をしていきたいと思いますので、是非とも、記事の最後までお付き合いいただけますと幸いです。

また、YouTubeでもこの記事の内容を配信しています。

YouTube「バケンザルの三連単競馬」では、日曜日をボーナス日にしよう!をモットーに、日曜日の重賞レースに関する内容を配信していきますので、是非とも、チャンネル登録のほどよろしくお願いします。

Contents

日本ダービーでピックアップする人気馬

それではまず、過去分析を行う前に、今回の日本ダービーでピックアップする人気馬を挙げておきます。

  1. 今年の皐月賞を制したジオクリフ
  2. そのジオクリフにコンマ1秒差で惜敗した皐月賞2着馬のイクイノックス
  3. 昨年の朝日杯フューチュリティステークスを制して、JRA賞最優秀2歳牡馬に輝いたドウデュース
  4. 皐月賞では残念ながら4着となったものの、共同通信杯を制して逆襲のポテンシャルは十分にあるダノンベルーガ
  5. 青葉賞で重賞レース初挑戦で初優勝を飾ったプラダリア

この5頭を、それぞれ【過去・ウマ・ひと】予想からチェックしていきます。

【日本ダービー】人気馬

日本ダービーの【過去分析】:有利な前走・ステップレース

では、まず日本ダービーに有利な前走レースについて分析していきます。

【日本ダービー】有利な前走レース

今回、ピックアップするレースは、一つ目は皐月賞、二つ目は青葉賞、三つ目は京都新聞杯、四つ目に毎日杯と見ていきます。

【日本ダービー】有利な前走レース

その前に、この動画でよく使う成績の表記の仕方は、このようになっております。

表記の仕方

また、勝率・連対率・複勝率の意味は、こちらの通りですので、よろしくお願いします。

勝率・連対率・複勝率

日本ダービーのステップレース①:皐月賞

まずは、ジオクリフ、イクイノックス、ドウデュース、ダノンベルーガが該当する皐月賞から見ていきます。

【日本ダービーステップレース】皐月賞

過去10年のデータを見ると、「前走・皐月賞で6着以内に入った馬のうち2頭は3着以内に入る」と言っても過言ではない位、前走皐月賞馬の実績が目立ちます。

2020年や2016年の日本ダービーでは、1着から3着までの3頭が前走・皐月賞でした。

ただ、皐月賞から日本ダービーに出走する馬も飛び抜けて一番多く、全体の成績で言うと、1着7頭・2着8頭・3着5頭・4着以下66頭の【7-8-5-66/86頭】で、勝率8.1%、連対率17.4%、複勝率23.3%という成績でした。

今年は、ジオクリフ【1着】、イクイノックス【2着】、ドゥデュース【3着】、ダノンベルーガ【4着】、アスクビクターモア【5着】、オニャンコポン【6着】、ジャスティンロック【7着】、ジャスティンパレス【9着】、ビーアストニッシド【11着】、マテンロウレオ【12着】、キラーアビリティ【13着】、デシエルト【16着】と、多数出走します。

もし、私の仮説、「皐月賞6着以内の馬の中から2頭は馬券に絡む」ということなら、ジオクリフ、イクイノックス、ドウデュース、ダノンベルーガ、アスクビクターモア、オニャンコポンの中から2頭は3着以内に入るかもしれません。

日本ダービーのステップレース②:青葉賞

続きまして、青葉賞です。

【日本ダービーステップレース】青葉賞

今回、プラダリア【1着】、ロードレゼル【2着】の2頭が該当しますが、

過去10年間のデータでは、1着該当なし・2着1頭・3着3頭・4着以下19頭の【0-1-3-19/23頭】で勝率0%、連対率4.3%、複勝率17.4%ということで、買うなら抑えでという成績でした。

プラダリア3着付け・・・という馬券も面白いかもしれませんね。

日本ダービーのステップレース③:京都新聞杯

他に、ピックアップした馬は該当しませんが、京都新聞杯を見ていきます。

【日本ダービーステップレース】京都新聞杯

2019年の優勝馬・ロジャーバローズや、少しさかのぼって2013年の優勝馬・キズナは、京都新聞杯からの日本ダービー参戦でした。

全体の成績を見ますと、過去10年間では1着2頭・2着1頭・3着1頭・4着以下19頭の【2-1-1-19/23頭】で勝率8.7%・連対率13.0%・複勝率17.4%という成績でした。

日本ダービーのステップレース④:毎日杯

最後に、昨年の優勝馬シャフリヤールが該当する毎日杯からの出走組もチェックしてみます。

【日本ダービーステップレース】毎日杯

こちらは、過去6頭出走して、シャフリヤールの1着のみで、他5頭は4着以下で【1-0-0-5/6頭】で、勝率・連対率・複勝率16.7%という成績でした。

このシャフリヤールのパターンは、たまたまなのか、そうでないのか過去の出走馬が少ないので、見ものですね。

今回は、ピースオブエイト【1着】が該当します。

日本ダービーの【過去分析】:東京競馬場芝コースと2000m以上で実績豊富な馬

続きまして、日本ダービーが開催される東京競馬場の芝コース実績と、同じ距離の実績が豊富な馬をチェックしていきます。

【日本ダービー】東京競馬場芝コースと2000m以上で実績豊富な馬

ただ、今回は3歳戦ということもあって、2400mのレース実績がある馬は少ないので、少し広げて2000m以上のレース実績で見ていきます。

東京競馬場芝コースにおける日本ダービー人気馬の実績

【日本ダービー】東京競馬場での成績

まずは、ダノンベルーガですが、これまで東京競馬場芝コースで2戦して2勝という結果を残しています。

ジオクリフも、東京競馬場での新馬戦では1着になり、共同通信杯ではダノンベルーガに負けての2着で、【1-1-0-0】の成績です。

イクイノックス、ドゥデュースとプラダリアは、3頭とも東京競馬場で1度走って、その時は各馬1着になっているので、東京芝適性はアリですね。【1-0-0-0】です。

その他の馬でピックアップしますと、マテンロウオリオン、ロードレゼルは、それぞれ東京競馬場で行われたNHKマイルカップと青葉賞で、2着の実績があります。

日本ダービー人気馬の芝2000m以上における成績

続きまして、2000m以上のコースで人気馬の成績をチェックしていきます。本来なら、日本ダービーと同じ距離の2400mで見ていきたいのですが、2400mで走った実績のある馬は、プラダリアのみなので、少し範囲を広げて、「2000m以上」でチェックしていきます。

【日本ダービー】2000m以上での成績

まずは、そのプラダリアですが、2000m以上では【2-2-0-0】と連対率100%と好成績を残しています。

ジオクリフは皐月賞の1勝のみで【1-0-0-0】、ダノンベルーガは新馬戦の勝利で【1-0-0-1】、ドウデュースは2着1回・3着1回で【0-1-1-0】、イクイノックスは皐月賞の2着で【0-1-0-0】と、騎乗回数は少ないですが、実績はあります。

他の馬をピックアップしますと、ロードレゼルも、プラダリア同様、これまで4戦して1着2回・2着2回で連対率100%と結果を残しています。

ジャスティンパレスも、皐月賞では9着だったものの、それまで芝2000mでは1着2回・2着1回で、トータル【2-1-0-1】という好成績です。

日本ダービー【過去分析】のポイント一覧

それでは過去分析における人気馬のポイント付けをしていきます。

【日本ダービー】過去分析ポイント一覧

ジオクリフ、イクイノックス、ドゥデュース、ダノンベルーガの皐月賞組は、やはり、皐月賞が有利な前走レースということもあり、また、各馬コースや距離に対しても実績があるので、過去傾向ということで見ると、満点の5.0ポイントですね。

それに対して、プラダリアは、前走が1着ではあるものの青葉賞ということで、0.5ポイント下げています。

日本ダービーの【ウマチェック】:調教追い切りをチェック

ここからは、ピックアップした5頭の調教追い切りをチェックしていきます。

【日本ダービー】調教追い切り

調教チェックに関しては、基本、直近の追い切りを評価していますが、2走前のタイムも考慮して、ポイント付けしています。また、2走前のタイムが軽く流している場合は、1週間前の追い切りも含めて評価する時もあります。

プラダリア、ダノンベルーガ、ドウデュース、ジオクリフ、イクイノックスの順でチェックしていきます。

【日本ダービー】人気馬の調教追い切り

プラダリアの調教追い切り

まずは、プラダリアの調教追い切りから見ていきます。

【日本ダービー】プラダリアの調教

5月25日に鞍上の池添謙一騎手が騎乗して、栗東坂路コースで4ハロン51.1秒・1ハロン12.0秒という抜群の好タイムでした。

単走追いだったのですが、映像を見ても、前脚のストライドも良く伸びて、状態は良いと思いました。

2走前の22日の調教は軽め流しのタイムでしたが、1週前追い切りでも栗東坂路コースで4ハロン51.9秒・1ハロン12.2秒という好タイムを出しているので、ポイントは満点の5.0ポイントです。

ダノンベルーガの調教追い切り

続きまして、ダノンベルーガの調教追い切りです。

【日本ダービー】ダノンベルーガの調教追い切り

5月25日に助手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン51.6秒・1ハロン11.4秒という、こちらも抜群の好タイムでした。

こちらは、3歳古馬との併せ馬の追い切りでしたが、仕掛けた伸び脚も鋭くて良かったです。

2走前の19日の調教では、同じ美浦南ウッドコースで4ハロン48.5秒・1ハロン11.0秒の超絶鬼時計炸裂で、こちらも調教ポイントは満点の5.0ポイントです。

ドウデュースの調教追い切り

続きまして、ドウデュースです。

【日本ダービー】ドウデュースの調教追い切り

こちらは、25日に助手が騎乗して、栗東ポリトラックコースで、4ハロン52.6秒・1ハロン11.4秒というタイムでした。

単走追いでしたが、助手が持ったままでも加速度がグングン増して良かったですね。

時計の出やすいポリトラックコースなので、4ハロンのタイムは微妙ですが、終いの加速は、合格点です。

1週前追い切りでは鞍上の武豊騎手が騎乗して、栗東チップウッドコースで、4ハロン50.0秒・1ハロン11.2秒という好時計を出しているので、ポイントは、4.5ポイントとします。

ジオクリフの調教追い切り

続きまして、ジオクリフの調教追い切りです。

【日本ダービー】ジオクリフの調教追い切り

25日に鞍上の福永祐一騎手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン52.0秒・1ハロン11.4秒という好タイムでした。

1勝馬との併せ馬で0.7秒追走しての追い切りでしたが、タイム的にも申し分ないですし、ここは合格点と思います。

併せ馬で若干でも先着していたら、5.0ポイントでしたが、ここは、4.5ポイントとします。

イクイノックスの調教追い切り

最後に、イクイノックスの調教追い切りです。

【日本ダービー】イクイノックスの調教追い切り

25日に鞍上のC・ルメール騎手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン52.9秒・1ハロン11.6秒のタイムでした。

終い重点的なタイムですね。

2勝馬との併せ馬だったのですが、鞍上のルメール騎手がしっかり確認しているような騎乗で、0.7秒追走して先着。ここは、ポイント4.5にします。

というわけで、あまり差が開かなかったですが、各馬、調教は合格点ですね。

日本ダービーの【騎手評価】:騎乗する騎手を評価する

続きまして、【ひと予想】ということで、騎手評価を行っていきます。

【日本ダービー】相性が良い騎手

騎手評価は、出走馬との相性の良さ、これまでの騎乗実績と、日本ダービーと同じコースの東京競馬場芝2400mにおけるコース実績についてチェックしていきます。

日本ダービーの【騎手評価】:出走馬と相性の良い騎手

まずは、今回、日本ダービーに騎乗する騎手のうち、出走馬との相性が良く、実績のある騎手をチェックしていきます。

【日本ダービー】出走馬と相性の良い騎手

C・ルメール騎手は、イクイノックスとのコンビでデビュー戦から騎乗して3戦2勝・2着1回の成績で、連対率100%と好成績です。

武豊騎手は、ドウデュースとのコンビで、こちらもデビュー戦から騎乗して、1着3回・2着1回・3着1回の【3-1-1-0】で複勝率100%です。

池添謙一騎手とプラダリアのコンビは、デビュー戦から続けて2着で、そのあと、2連勝の【2-2-0-0】で、こちらも連対率100%です。

福永祐一騎手は、前走の皐月賞でジオクリフを勝利に導いていますが、騎乗実績としては、この1回のみです。

現在リーディング1位をひた走る川田将雅騎手とダノンベルーガとのコンビは、こちらも福永騎手×ジオクリフ同様、皐月賞1回のみの騎乗で、皐月賞では4着という成績でしたので、3着以内なしという成績です。

今挙げた5頭の他でピックアップするなら、ベテラン・横山典弘騎手がマテンロウオリオンとのコンビで4戦して1着2回・2着2回の【2-2-0-0】で連対率100%です。

横山典弘騎手が騎乗して、1着・1着・2着・2着と来ているので、次は3着とかあるかもしれませんねw

日本ダービーの【騎手評価】:東京競馬場芝2400mコース(同距離)が得意な騎手

続きまして、ピックアップした5頭の騎手、ルメール騎手、武豊騎手、池添騎手、福永騎手、川田騎手の東京競馬場芝2400mコースの成績についてチェックしていきます。

【日本ダービー】東京競馬場芝2400での成績

過去3年間における連対率ランキングで順位付けしています。

  • 1位:C・ルメール騎手【20-14-4-20/58R】勝率34.5%・連対率58.6%・複勝率65.5%
  • 2位:福永祐一騎手【6-2-2-16/26R】勝率23.1%・連対率30.8%・複勝率38.5%
  • 3位:川田将雅騎手【2-3-3-11/19R】勝率10.5%・連対率26.3%・複勝率42.1% 単勝回収率19%
  • 4位:池添謙一騎手【1-0-1-5/7R】勝率14.3%・連対率14.3%・複勝率28.6%
  • 5位:武豊騎手【1-1-1-16/19R】勝率5.3%・連対率10.5%・複勝率15.8%

今挙げた5人の騎手以外で、東京芝2400mで好成績を残しているのは、田辺裕信騎手で、【8-11-2-31-52R】と勝率15.4%・連対率36.5%・複勝率40.4%と、福永祐一騎手よりも好成績でした。

日本ダービー【騎手評価】のポイント一覧

それでは、騎手評価のポイント付けをしていきます。

【日本ダービー】ひと予想のポイント

やはり、ルメール騎手が騎乗するイクイノックスは、ルメール騎手との相性も良く、過去実績からもポイントは満点の5.0です。

福永騎手が騎乗するジオクリフは、ルメール騎手に比べて、コース実績というところで、ポイント的に少し劣って4.5ポイント。

川田騎手は、ダノンベルーガとの実績がないのと、川田騎手にしては、今一つの芝2400mコース実績でしたので、こちらは4.0ポイントですね。

池添騎手は、プラダリアとの相性が良く、また、東京芝2400mの適性はあると見ているので、ポイントは4.5とします。

武豊騎手とドウデュースとのコンビは、武豊騎手が東京芝2400mコースで不振なものの、ドウデュースの主戦騎手で複勝率100%の実績を残しているので、ポイントは、4.0とします。

日本ダービー人気馬5頭評価

それでは、日本ダービー人気馬5頭について、ポイントを付けて評価していきます。

ポイントの付け方は、このようにしております。

【日本ダービー】ポイントの付け方

プラダリアの評価

5位は、プラダリアになりました。

日刊コンピ指数が6位ということで、6位以下はポイントを下げておりますので、17.0ポイントで5位という結果になりました。

【日本ダービー】プラダリアの評価

ドウデュースの評価

ドウデュースは、4位でした。

武豊騎手が東京競馬場芝2400mコースにおける成績が今一つなので、ひと評価では4.0ポイント。さらに、コンピ指数も3位【64】で4.0ポイント。

その結果、17.5ポイントで4位という結果でした。

【日本ダービー】ドウデュースの評価

ジオクリフの評価

ジオクリフは3位でした。

日刊コンピで4位だったため、結果的に3位ですが、評価は高くして良いと思います。

【日本ダービー】ジオクリフの評価

ダノンベルーガの評価

2位は、ダノンベルーガです。

川田将雅騎手の評価を下げたため、トータルで19.0ポイントでしたが、日刊コンピも指数1位【86】で強い数字なので、ポイントは高いですね。

【日本ダービー】ダノンベルーガの評価

イクイノックスの評価

1位は、イクイノックスになりました。調教は5.0ポイント付けませんでしたが、それでも、ほぼ満点の点数で、ポイント1位評価になりました。

【日本ダービー】イクイノックスの評価

人気馬5頭のポイントをまとめますと、こちらの通りとなります。

【日本ダービー】人気馬5頭ポイント一覧

【日本ダービー】バケンザルの軸馬決め独り言

それでは、日本ダービーの軸馬を決めていきます。

ここからは、わたくしバケンザルの独り言です。

バケンザル
バケンザル
ポイント上位2頭は、⑫ダノンベルーガと、⑱イクイノックスになった。

⑫ダノンベルーガの日刊コンピ指数は【86】で強い指数だ。

ただ、軸馬にするには、若干違和感がある。なぜか・・・
一つ引っかかるところは、皐月賞の4着という成績。ここでコンマ3秒差の負け。
当然、鞍上は川田騎手だから巻き返しを図る可能性は十分ある。

一方、⑱イクイノックスは、過去分析でもポイント高いし、C・ルメール騎手も復調気配だ。コンピ指数も2位ながら【74】なので、信頼度は高い指数だ。

1着(新馬戦)⇒1着(東スポ杯)⇒2着(皐月賞)と来ているが・・・

【日本ダービー】この馬を軸馬にします。 【日本ダービー】軸馬は、イクイノックス

というわけで、イクイノックスを軸馬にしました。

イクイノックス軸馬の

  1. 1着付けフォーメーション馬券
  2. 2着付けフォーメーション馬券

を購入します。

買い目をお知らせする前に・・・注意事項とお願い

日本ダービーの三連単馬券

日本ダービーでの馬券ですが、軸馬は、イクイノックスですが、相手は以下の馬たちです。

<イクイノックスを1着欄に置いた時の2着&イクイノックスを2着に置いた時の1着に置く馬>

⑥プラダリア/⑦オニャンコポン/⑩マテンロウオリオン/⑫ダノンベルーガ/⑬ドウデュース/⑮ジオクリフ/⑰ロードレゼル

【日本ダービー】バケンザルの三連単

穴目の馬もけっこう選んでいます。

というわけで、実際に購入した馬券は、こちらの通りとなります。

【日本ダービー】バケンザルの三連単購入馬券

日本ダービーのレース結果と馬券回顧

日本ダービー、レース結果は、

第4コーナーを先頭で回った⑭デシエルトに③アスクビクターモアが楽な手ごたえで追いつき、中団後方にいた⑬ドウデュース、⑱イクイノックスが猛追し、ゴール前の坂道では、⑫ダノンベルーガも加わって、4頭で叩き合い。

この坂道での叩き合いを制した⑬ドウデュースが1着になり、⑱イクイノックスは届かず2着3着は、クビ差で⑫ダノンベルーガから逃げ切った③アスクビクターモアが入り、三連単は、15,770円という配当でした。

⑫ダノンベルーガは、レース前から発汗がスゴくて、どうかなと思いましたが、3着に届きませんでしたね。

何より、今回、武豊騎手がスゴかったですね!これで、6度目のダービー制覇ですか。

お見事です!

馬券は、⑱イクイノックスの2着付け馬券を買っていたのですが、トリガミにはなりましたけど、当たったのでヨシとしています。

【的中】日本ダービー三連単馬券

本日、初めてYouTube動画をアップしましたが、これから、毎週日曜日に動画アップ後、ブログにも掲載していきますので、よろしくお願いいたします。

バケンザル
バケンザル
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。