競馬予想・購入馬券

【ユニコーンステークス】過去予想・イマ分析で高配当狙う三連単フォーメーション馬券!

この記事は、日曜日に行われるG3・ユニコーンステークスについて、当日上位人気となるであろう6頭について、過去のデータをチェックしながら、ポイント評価して、三連単の馬券を当てていこうという記事です。

イントロダクション【ユニコーンステークス】

過去予想、イマ分析ということで私は予想しているんですけど、今回の動画は、イマ分析ということで調教追い切りと日刊コンピ指数についてチェックし、最後に人気馬6頭をポイント評価して軸馬を決めています。

的中させるためのチェックポイント【ユニコーンステークス】

三連単を当てるための5ステップとして、前走レース、コース実績、騎手データ、調教追い切り、最後に日刊コンピ指数も合わせて、トータルでポイント評価して軸馬を決めています。

三連単を当てるステップ【ユニコーンステークス】

また、記事の最後では、実際にわたくしバケンザルが購入した三連単10万円狙いの馬券も公開しておりますので、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

本記事の内容については、YouTubeチャンネル【バケンザルの三連単競馬】で動画アップしておりますので、こちらもご覧ください。

【バケンザルの三連単競馬】チャンネルでは、「日曜日をボーナス日にしよう☆」をモットーに、日曜日の重賞レースに関する動画を配信していきますので、是非ともチャンネル登録のほどよろしくお願いいたします。

毎週日曜日、10万馬券狙ってます。

ユニコーンステークスの人気馬6頭

それでは、まずはじめにユニコーンステークスで取り上げた6頭は、こちらの通りです。

人気馬6頭【ユニコーンステークス】

ます。

  • 前走NHKマイルカップでは5着だったものの、芝ではレベルの高い走りを見せているインダストリア
  • 前走UAEダービーでは不本意な結果だったものの、これまで6戦して5連対とダート適性が高いコンバスチョン
  • 前走2着との差がコンマ7秒差の圧勝で復活の気配を見せているジュタロウ
  • ダート1400mでは3連勝の実績があるセキフウ
  • 新馬戦では3着だったものの、以降3連勝して勢いに乗るハセドン
  • 直近3戦は、すべて危なげない走りで勝利し、現在3連勝中のリメイク

以上の6頭について、データをチェックして、最後にポイント評価していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

前の記事では、過去評価として、①有利な前走レース、②コース実績、また、騎手評価として、③出走馬との相性、④騎手のコース実績をチェックして、このようにポイント付けを行いました。

ユニコーンステークスアイキャッチ
【ユニコーンステークス】過去予想で三連単を当てるための人気馬6頭をデータ評価!この記事は、日曜日に行われるG3・ユニコーンステークスについて、人気馬となるであろう6頭について、過去のデータをチェックしながら、ポイン...

1番評価が高かったのは、ハセドンという結果になりました。

ここから、調教追い切りと、日刊コンピ指数も考慮して、この6頭をポイント付けして、最後に軸馬を決めていきます。

ユニコーンステークスの【イマ分析①】調教追い切りをチェック!

では、まず、調教追い切りからチェックしていきます。

人気馬の調教追い切り【ユニコーンステークス】

調教チェックに関しては、基本、直近の追い切りを評価していますが、2走前のタイムも考慮して、ポイント付けしています。

ポイントの付け方

ポイントは、最大5.0ポイントの、0.5ポイント刻みで、3.0から5.0ポイントの間で付けています。

また、2走前の追い切りが軽く流しているタイムの場合は、1週前の追い切りも含めて評価しています。

それでは、ハセドン、セキフウ、コンバスチョン、ジュタロウ、リメイク、インダストリアの順でチェックしていきます。

人気馬の調教

ハセドンの調教追い切り

まずは、ハセドンの調教追い切りから見ていきます。

ハセドンの調教追い切り

6月15日に調教師が騎乗し、栗東チップウッドコースで4ハロン52.7秒・1ハロン11.7秒というタイムでした。

2頭併せの追い切りで、先行するも0.2秒の遅れ、もう少し終い伸びてほしいなと思う調教でした。

ただ、持ったままでラスト1ハロン11.7秒のタイムですし、10日の調教では同じく栗東チップウッドコースで1ハロン11.3秒の好タイムを出していますので、ポイントは3.5とはせず、4.0ポイントとします。

セキフウの調教追い切り

続きまして、セキフウの調教追い切りです。

セキフウの調教追い切り

6月15日に鞍上のM・デムーロ騎手が騎乗して栗東チップウッドコースで4ハロン53.5秒・1ハロン11.9秒というタイムでした。

2頭併せの追い切りで、1.2秒追走して0.2秒遅れているものの、しっかりゴール前に合わせた調教という感じで悪くないという印象でした。

ただ、併せ馬の遅れがありますので、ポイントは4.0ポイントとします。

コンバスチョンの調教追い切り

続きまして、コンバスチョの調教追い切りを見ていきます。

コンバスチョンの調教追い切り

6月15日に鞍上の田辺騎手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン51.5秒・1ハロン11.6秒と好タイムでした。

2勝クラスの馬との並走だったのですが、持ったままでも加速が伸びて、いい感じの追い切りで、しかも1週間前の追い切りでは、同じ美浦南ウッドコースで4ハロン50.7秒・1ハロン11.0秒という超絶鬼時計を叩き出していたので、勝負体制は整ったと見ています。

ポイントは、満点の5.0ポイントとします。

ジュタロウの調教追い切り

続きまして、ジュタロウの調教追い切りです。

ジュタロウの調教追い切り

6月15日に助手が騎乗して、栗東坂路コースで4ハロン52.8秒・1ハロン12.4秒のタイムでした。

単走追いでしたが、時計的にはやや平凡な感じで、首を外側に寄せた走りで、どうかなと思った追い切りでした。ただ、タイム的には合格点のタイムなので、ポイントは、4.0ポイントとします。

リメイクの調教追い切り

続きまして、リメイクの調教追い切りを見ていきます。

リメイクの調教追い切り

6月15日に助手が騎乗して、栗東坂路コースで4ハロン53.6秒・1ハロン11.9秒のタイムでした。

4ハロン53.6秒というのは及第点以下のタイムですが、終いの走りは、グイグイ迫る感じで迫力を感じました。

9日の調教でも栗東チップウッドコースで4ハロン50.6秒・1ハロン11.7秒のタイムを叩き出しているので、ポイントは4.5ポイントとします。

インダストリアの調教追い切り

最後に、インダストリアの調教追い切りを見ていきます。

インダストリアの調教追い切り

6月15日に助手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン51.4秒・1ハロン11.5秒のタイムでした。

タイム的には非常に良いのですが、映像を見ていると、もう少しキレがほしいかなと思ったところが正直なところです。

本当は、5.0ポイント付けてもいいくらいのタイムなのですが、少し下げて4.5ポイントにします。

ユニコーンステークスの【イマ分析②】日刊コンピ指数をチェック!

イマ分析ということで、もう一つ日刊コンピ指数についても、チェックしていきます。

人気馬のコンピ指数【ユニコーンステークス】

日刊コンピ指数は、私が長年チェックしている指数なのですが、日刊コンピについても、順位と指数の数値によって、ポイント付けしています。

金曜日に発表された日刊コンピ指数は、こちらのとおりとなりました。

日刊コンピ指数【ユニコーンステークス】

今回のユニコーンステークスで、日刊コンピ1位だったのが、7番リメイクで指数74という数値でした。

1位74というのは、正直微妙な数値かなと思うところです。

過去10年において、指数1位74を調べたところ、勝率18%、連対率36%、複勝率48%で、指数1位としては、高いアベレージではないです。

1着や2着の確率が高いというよりも、3着以内ならあるかもというイメージですかね。

2位は1番のハセドンで、指数は68でした。最近、指数68の成績が良いので、ポイントは4.5ポイントとしています。

そして、何より過去10年のデータでは、指数1位74より成績が良いんですよね。
そういうところも評価できます。

指数3位は、コンバスチョンで65。64と65は4.0ポイントとしているので、4.0ポイントです。

4位はジュタロウで指数64という結果でした。4位はオール4.0ポイントとしています。

5位もオール3.5ポイントで、6位以下はオール3.0ポイントとしています。

ユニコーンステークスの上位人気馬6頭のポイント評価

それでは、ここまで過去予想とイマ分析をしてきた内容をトータルポイントで、人気馬6頭の順位付けをしていきます。1頭ランク外になります。

人気馬5頭評価【ユニコーンステークス】
ポイントの付け方

最大5.0ポイントの0.5ポイントきざみで行っています。
4ヵ月以上の休養明け、昇級戦、前走1着馬とのタイム差が1.1秒以上開いている場合は、マイナスポイントを付与しています。

それでは、トータルポイントの順位を発表していきます。

ジュタロウのポイント評価

まず、5位ですが、ジュタロウとなりました。

ジュタロウのポイント評価

どの項目も4.0ポイントと合格点の数字だったのですが、1勝クラスからの昇級戦ということで、マイナス1ポイントの割引をしています。

今回、武豊騎手とのコンビですが、相性も良いですし、何より前走が圧巻の勝利で、ポイント的には5位ですが、注目の1頭です。

続きまして、第4位といきたいところなのですが、今回、集計した結果、2位が同点で3頭いましたので、ここからは、4着・3着を飛ばして、2位の紹介をしていきたいと思います。

インダストリアのポイント評価

まず、1頭目は、インダストリアです。

インダストリアのポイント評価

何と言っても、今回ダート初挑戦というところがポイントかなと思います。

ただ、東京競馬場の芝コースで実績がありますし、1600mコースでも実績があります。

さらに、鞍上がD・レーン騎手ということで、騎手評価も高いです。

コンピは5位だったため、3.5ポイントと低いポイントになってしまったわけなんですが、それでもトータル16.5ポイントで第2位です。

リメイクのポイント評価

同じく2位はリメイクです。

リメイクのポイント評価

只今、3連勝で絶好調なのですが、1600mの距離が初めてということで、過去評価で、ややポイントを下げました。

コンピも指数1位74ということで、80以上であれば、4.5ポイントなり、5.0ポイントで抜け出したんですけども、今回は、16.5ポイントで同点の第2位となりました。

コンバスチョンのポイント評価

最後の2位の馬は、コンバスチョンです。

コンバスチョンのポイント評価

コース実績に関していえば、東京競馬場ダートコースという点でも、1600mコースという点でも良く、調教追い切りも満点の5.0ポイントなのですが、前走UAEでのレースながら大差の負けを喫しておりますので、マイナス1ポイントで、トータル16.5ポイントとなりました。

ハセドンのポイント評価

そして、今回の1位ですが、ハセドンになりました。

ハセドンのポイント評価

こちらもリメイク同様、只今3連勝中で、前走の青竜ステークスも有利な前走レースと判断しています。

鞍上の横山典弘騎手にも私的に、今回注目で、調教も何とか合格点ですし、コンピも高評価の指数なので、ハセドンが18.0ポイントで1位となりました。

改めまして、ポイントを整理しますと、1位はハセドン、2位が3頭いて、コンバスチョン、リメイク、インダストリアの3頭、5位がジュタロウで、ランク外はセキフウという結果になりました。

人気馬5頭トータルポイント【ユニコーンステークス】

ちなみに、セキフウのポイントは14.0ポイントでした。

ユニコーンステークスのオカルト的選択馬

で、軸馬を発表する前に、少し私の余興にお付き合いいただきたいのですが、バケンザルのオカルト的選択馬ということで、1頭ピックアップさせていただきます。

オカルト的選択馬【ユニコーンステークス】

いよいよ、明日、キックボクシングで、那須川天心と武尊の世紀の一戦、ザ・マッチ2022が東京ドームで行われます。

私の行っている美容室のお兄ちゃんは、この試合を見るのに6年待っていたと話していましたが、いよいよ、明日ゴングがなります。

VIP席が300万円という、このザ・マッチ。

マッチと言えば、近藤真彦しか思い浮かばないのですが、この試合は、あくまで闘いですので、闘いということにちなんで、⑫バトルクライをピックアップしたいと思います。

ユニコーンステークスの軸馬

それでは、軸馬の発表にまいります。

基本的には、ポイント上位2頭のどちらかを軸馬にしようと考えているのですが、今回は、2位が3頭いましたので、

1位のハセドンを軸馬にします。

軸馬【ユニコーンステークス】

鞍上は横山典弘騎手です。

明日は、6レースと、このユニコーンステークスの2つのレースしか騎乗しません。

ということで、馬券の買い目ですが、その前に1位のハセドンを軸馬にします。

鞍上は横山典弘騎手です。

明日は、6レースと、このユニコーンステークスの2つのレースしか騎乗しません。

ということで、馬券の買い目ですが、その前に注意事項とお願いです。

私の馬券は3回か4回に1回当たれば上出来ぐらいの気持ちで見ていただけたらと思います。

また、各自の馬券購入は自己責任でお願いいたします。

ユニコーンステークスの三連単馬券

それでは、実際に購入した馬券ですが、今回、ハセドン2着付け・3着付けのフォーメーション馬券としました。

点数的なことや、穴馬も多く入れたいというスタイルからマルチは購入しないのですが、1着付け・2着付けにするか、それとも、2着付け・3着付けにするかで悩みました。

結局は、2着付け・3着付けを選択しました。

バケンザルの三連単馬券

フォーメーションの1着に置いた馬は多いのですが、

  • ③コンバスチョン
  • ⑤ペイシャエス
  • ⑥ジュタロウ
  • ⑦リメイク
  • ⑩インダストリア
  • そして、オカルト選択した⑫バトルクライ
  • さらに、C・ルメール騎手が不気味な⑬ティーガーデンの7頭、

来てほしい穴馬たちとしては、⑧ロードジャスティス、⑭ビヨンドザファザー、⑮タイセイディバインで、

購入した馬券は、こちらの通りとなります。

バケンザルの購入馬券

ハセドン1着付けは買っておりませんので、1着に来たらハズレます。

何とか2着か3着に残ってほしいと思うところです。

ユニコーンステークスのレース結果と馬券回顧

ユニコーンステークス、レース結果は、第4コーナーを回って逃げるロードジャスティスをラクに迫ったタイセイディバイン、そこからリメイクが頭抜けて追い出すかもと思わせつつも、外から迫ってくるヴァルツァーシャル。

しかし、最後は、内からグイグイ伸びてきた7番人気のペイシャエスが勝利、最内から叩いて伸びた9番人気のセキフウが2着、同じく内側から8番人気のバトルクライも最後3着に届いて、三連単624,210円波乱の決着となりました。

バケンザル
バケンザル
軸馬にしたハセドンは最後方からの競馬で、見せ場なかったですね

人気馬が全滅の結果でしたので、これはもう仕方ないです。

それでも、中途半端なコース実績からピックアップした穴馬のペイシャエスが1着になり、オカルト的選択馬で選んだバトルクライが3着に入っただけ、まだ納得できています。

次は、宝塚記念です。

しっかり当てられるように頑張りたいと思います。