競馬予想・購入馬券

【安田記念】過去データ予想とイマ分析で三連単馬券を当てる5ステップ!

この動画は、日曜日に行われるG1・安田記念について、過去予想とイマ分析をして、最後に人気馬をポイント評価して馬券を当てようという記事です。

【安田記念】紹介

具体的には、有利な前走レース、コース実績、騎手データ、調教追い切りなどチェックをして、最後に、ある指数も含めて、トータルでポイント評価して軸馬を決めています。

【安田記念】的中させるためのチェックポイント 【安田記念】三連単を当てる5ステップ

軸馬を選ぶための人気馬のチェックがメインとなりますが、最後の方では、実際にわたしが購入した三連単10万円狙いの馬券も公開しておりますので、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

また、本記事の内容については、YouTubeチャンネル【バケンザルの三連単競馬】で動画アップしておりますので、こちらもご覧ください。

【バケンザルの三連単競馬】チャンネルでは、「日曜日をボーナス日にしよう☆」をモットーに、日曜日の重賞レースに関する動画を配信していきますので、是非ともチャンネル登録のほどよろしくお願いいたします。

【安田記念】日曜日をボーナス日に

Contents

安田記念の人気馬

それではまず、過去分析についてお話する前に、安田記念で人気となるであろう6頭をピックアップしていきます。

【安田記念】6頭の人気馬
  1. 昨年のNHKマイルカップ優勝馬であり、昨年の安田記念3着馬であるシュネルマイスター
  2. マイラーズカップも勝利し、只今、破竹の勢いで4連勝中と勢いに乗るソウルラッシュ
  3. こちらも4連勝中で東京新聞杯も優勝し、東京競馬場にめっぽう強いイルーシヴパンサー
  4. 先月のNHKマイルカップでは1番人気に推されるも4着になり、ここでの挽回を期し、さらに唯一の3歳馬で斤量にも恵まれているセリフォス
  5. 前走ヴィクトリアマイルでは5着になるもサウジアラビアのG2レースを制し、ポテンシャルは十分のソングライン
  6. デビュー以来3連勝も最近は不振が続き、ここで一発再生を期したいダノンザキッド

以上の6頭について、過去予想とイマ分析を行って、最後にポイント評価していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

【過去予想】安田記念人気馬の前走レースをチェック!

まず、安田記念に強い前走レースについてチェックしていきます。

【安田記念】有利な前走レース

前走レースは、重賞レースを予想する上で非常に役立つ情報だと思っておりますので、チェックしていきます。

今回、ピックアップするレースは、ソウルラッシュが該当するマイラーズカップ、イルーシヴパンサーが該当する東京新聞杯、セリフォスが該当するNHKマイルカップ、ソングラインが該当するヴィクトリアマイル、ダノンザキッドが該当する中山記念をチェックしていきます。

【安田記念】4つのステップレース

その前に、この動画でよく使う成績の表記の仕方については、こちらの通りですので、よろしくお願いします。

また、この動画でよく使う勝率、連対率、複勝率の意味は、こちらの通りですので、よろしくお願いします。

安田記念のステップレース①:マイラーズカップ

それでは、まず、ソウルラッシュが該当するマイラーズカップからデータを見ていきます。

【安田記念ステップレース】マイラーズカップ

今年は、ソウルラッシュ【1着】、ホウオウアマゾン【2着】、エアロロノア【5着】、カラテ【7着】の4頭が該当します。

2019年の優勝馬であるインディチャンプがマイラーズカップからの参戦組だったのですが、過去10年間の成績を見ていくと、今一つな成績で、【1-0-5-33/39】で勝率・連対率2.6%・複勝率15.4%という結果でした。

マイラーズカップを有利な前走レースとしてインプットするのは少し難しいですね。

安田記念のステップレース②:東京新聞杯

続きまして、イルーシヴパンサーが該当する東京新聞杯のデータをチェックしていきます。

【安田記念ステップレース】東京新聞杯

といっても、東京新聞杯からの安田記念に参戦した馬は、過去10年間において1頭だけで、その時は13着と大負けしています。(【0-0-0-1/1】勝率・連対率・複勝率0%

安田記念のステップレース③:NHKマイルカップ

続きまして、セリフォスが該当するNHKマイルカップのデータです。

【安田記念ステップレース】NHKマイルカップ

昨年3着のシュネルマイスターはNHKマイルカップからの参戦だったのですが、過去10年間では3頭しか該当がなく、昨年の3着以外は、2頭とも4着以下という結果でした。【0-0-1-2/3】

サンプルが少ないので判断は難しいですが、「なくもない」データだと思いますので、消去する考えはないです。

安田記念のステップレース④:ヴィクトリアマイル

続きまして、ファインルージュ【2着】、レシステンシア【3着】、ソングライン【5着】が該当するヴィクトリアマイルのデータを見ていきます。

【安田記念ステップレース】ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル組は、ここ4年間馬券に絡んでいるのですが、優勝してはいないんですけども、「4年連続2着」というデータでした。

【0-4-0-11/15】勝率0%・連対率・複勝率ともに26.7%

今年も2着になって、「5年連続でヴィクトリアマイル組2着」ということもあるのでしょうかね。

安田記念のステップレース⑤:中山記念

最後にダノンザキッドが該当する中山記念のデータを見ていきます。

【安田記念ステップレース】中山記念

2017年の2着馬ロゴタイプが中山記念からの参戦組ですが、過去10年間において、3頭だけ出走して、ロゴタイプの2着1回で【0-1-0-2/3】勝率0%・連対率・複勝率33.3%という成績でした。

こちらも「なくはない」のですが、ステップレースとして有利かどうかは未知数ですね。

【過去予想】安田記念人気馬のコース適性をチェック!

続きまして、ピックアップした人気馬6頭について、東京競馬場芝コースと、1600mの距離実績についてデータチェックしていきます。

【安田記念】東京競馬場芝コースと1600mにおける人気馬の成績

競馬場での実績と距離適性が、馬券を当てる要素になると私的に考えておりますので、こちらもチェックしていきます。

東京競馬場芝コースにおける人気馬の成績

東京競馬場芝コースにおける人気馬の成績をチェックしていきます。

【安田記念】東京競馬場における人気馬の成績

シュネルマイスターは、NHKマイルカップと毎日杯を制して、昨年の安田記念が3着で【2-0-1-0】の成績。複勝率100%というデータでした。

ソウルラッシュは、一度、1勝クラスで東京競馬場を走っていますが、その時は4着という結果でした。(【0-0-0-1】)

ソウルラッシュ同様、4連勝中のイルーシヴパンサーですが、東京競馬場では抜群の好成績で、1着4回・2着1回【4-1-0-0】と連対率100%という成績でした。

セリフォスは、東京競馬場でのレースが、先月のNHKマイルカップでの4着のみで【0-0-0-1】の成績でした。

ヴィクトリアマイルでは惜敗だったものの、ソングラインも東京競馬場では好成績で、NHKマイルカップの2着をはじめ【2-2-0-1】で連対率80%という好成績でした。

ダノンザキッドは、一昨年の東スポ杯2歳ステークスで優勝しているものの、昨年の富士ステークスでは4着で2戦して【1-0-0-1】という成績でした。

1600mコースにおける成績

続きまして、安田記念と同じ距離である1600mの成績を見ていきます。

【安田記念】1600mにおける人気馬の成績

今回は、さすがGI・安田記念ということもあって、マイラー実績が豊富な馬が多数出走しているのですが、まずは、シュネルマイスター、この馬は、これまで4レース出走して【2-1-1-0】複勝率100%でした。

ソウルラッシュの4連勝は、すべて1600mによるもので、勝率100%完全なマイラー適性ということですね。

イルーシヴパンサーもソウルラッシュ同様に、直近の4連勝はすべて1600mで、こちらも勝率100%という成績です。

セリフォスは、これまでのレースがすべて1600mのマイル戦で【3-1-0-1】で連対率80%の成績となっています。

ソングラインは、昨年の桜花賞での大敗(15着)などありますけど、1600mの成績は【2-1-1-2】と悪くない成績です。

ダノンザキッドは、昨年のマイルチャンピオンシップで3着に入っているものの、その前のレースである富士ステークスでは4着で、これまで2レース出走して【0-0-1-1】という成績でした。

今回の人気馬は、すべて競馬場や距離については適性があると思いますので、ここで優劣を付けて予想するというのは、なかなか難しいでのはないかと思いました。

【過去予想】安田記念の人気馬に騎乗する騎手データをチェック!

続きまして、ピックアップした6頭に騎乗する騎手のデータを見ていきます。

こちらも、人馬一体と言いますか、私の予想ポイントで騎手は重要なウエイトを占めておりますので、チェックしていきます。

【安田記念】実績のある騎手

まずは、出走馬との鞍上実績をチェックしていきます。

出走馬との鞍上成績

【安田記念】騎乗実績

一番良いのは、2頭ですね。只今4連勝中のイルーシヴパンサーに騎乗する田辺裕信騎手で、【4-0-0-0】と勝率100%です。

同様に、ソウルラッシュに騎乗する浜中俊騎手も直近4戦すべてソウルラッシュとのコンビで4連勝しています。

C・ルメール騎手は、シュネルマイスターとのコンビで昨年のNHKマイルカップを制し、これまで【3-1-0-1】と連対率80%の成績を収めています。

セリフォスに騎乗する藤岡佑介騎手は、昨年のデイリー杯2歳ステークス1回のみの騎乗ですが、その時は、1着の成績を残しています。

池添謙一騎手は、ソングラインとのコンビで【1-1-1-3】、川田将雅騎手は、ダノンザキッドとのコンビで【2-0-2-3】というい成績でした。

池添騎手、川田騎手ともに実績はあるので、侮れないと感じました。

安田記念と同コースでの成績

続きまして、田辺騎手、浜中騎手、ルメール騎手、藤岡佑介騎手、池添騎手、川田騎手の東京競馬場芝1600mコースでの実績をチェックしていきます。

過去3年間における連対率で、6名をランキングすると、このようになりました。

  • 1位:C・ルメール騎手【43-27-15-56/141】勝率30.5%・連対率49.6%・複勝率60.3%
  • 2位:川田将雅騎手【10-5-7-23/45】勝率22.2%・連対率33.3%。複勝率48.9%
  • 3位:田辺裕信騎手【15-15-12-73】勝率13.0%・複勝率26.1%・複勝率36.5%
  • 4位:池添謙一騎手【3-1-1-17/22】勝率13.6%・連対率18.2%・複勝率22.7%
  • 5位:藤岡佑介騎手【0-1-1-9/11】勝率0%・連対率9.1%・複勝率18.2%

ランキングに入っていない浜中俊騎手は、これまで東京競馬場芝1600mコースでは【0-0-0-6/6】という結果でした。

【イマ分析】安田記念人気馬の調教追い切りをチェック!

続きまして、イマ分析ということで、人気馬の調教追い切りをチェックしていきます。

【安田記念】人気馬の調教

イマ分析ではパドックもチェックしたいところなんですけど、記事アップの関係上、調教追い切りと、このあと取り上げる指数の2つをピックアップしています。

調教追い切りは、基本、最終追い切りの調教を評価して、ポイント付けしていますが、1週間前のタイムも考慮しながらポイント付けしています。

ポイントは、最大5.0ポイントの0.5ポイントきざみとなっています。

それでは、ダノンザキッド、イルーシヴパンサー、シュネルマイスター、ソングライン、ソウルラッシュ、セリフォスの順でチェックしていきます。

【安田記念】人気馬の調教

ダノンザキッドの調教追い切り

まずは、ダノンザキッドの調教追い切りから見ていきます。

【安田記念】ダノンザキッドの調教追い切り

1日に助手が騎乗して、栗東坂路コースで、4ハロン54.0秒・1ハロン12.2秒というタイムでした。

単走追いだったのですが、前脚の張り出しも良い感じで、1ハロン12.2秒のタイムは合格点ですし、1週前の追い切りでは同じ栗東坂路コースで、4ハロン50.8秒の鬼時計を出していたので、ポイントは4.5ポイントとします。

イルーシヴパンサーの調教追い切り

続きまして、イルーシヴパンサーの調教追い切りです。

【安田記念】イルーシヴパンサーの調教追い切り

1日に調教師が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン50.5秒・1ハロン11.4秒という破格の時計を出しています。

発汗が若干目立ち、2頭併せの調教で、併せ馬には届かなかったものの、タイム自体は申し分なしでポイントは4.5ポイントとしました。

シュネルマイスターの調教追い切り

続きまして、シュネルマイスターの調教追い切りです。

【安田記念】シュネルマイスターの調教追い切り

1日に嶋田騎手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン50.8秒・1ハロン11.3秒と、こちらもイルーシヴパンサーに似た好タイムでした。

2頭併せの調教で0.9秒の追走だったのですが、持ったままでも反応が良く、しっかり先着していて、こちらは、満点の5.0ポイントにしたいと思います。

ソングラインの調教追い切り

続きまして、ソングラインの調教追い切りです。

【安田記念】ソングラインの調教追い切り

1日に鞍上の池添謙一騎手が騎乗して、美浦南ウッドコースで4ハロン52.3秒・1ハロン11.5秒というタイムでした。

1頭の併せ馬での調教だったのですが、叩いて仕掛けた併せ馬に、楽な手応えで3馬身差離しての先着で、池添騎手との勝負体制は整ったと感じました。

ポイントは満点の5.0ポイントとします。

ソウルラッシュの調教追い切り

続きまして、ソウルラッシュの調教追い切りです。

【安田記念】ソウルラッシュの調教追い切り

1日に助手が騎乗して、栗東坂路コースで4ハロン53.4秒・1ハロン12.2秒というタイムでした。

4ハロンのタイムは今一つですが、映像を見ていると、終いの伸び脚もストライドは効いていて、タイム以上に出来の良さを感じました。

5月27日に美浦南ウッドコースで1ハロン11.0秒の好時計をマークしており、ポイントは4.5ポイントとします。

セリフォスの調教追い切り

最後に、セリフォスの調教追い切りを見ていきます。

【安田記念】セリフォスの調教追い切り

1日に助手が騎乗し、栗東チップウッドコースで、4ハロン51.7秒・1ハロン11.1秒というタイムでした。

1頭併せの調教だったのですが、ゴール前の直線で仕掛けた併せ馬にしっかりと先着し、加速も力強さがあって、タイムも1ハロン11.1秒の好タイムでしたので、5.0ポイントにしたいと思います。

【イマ分析】安田記念人気馬のコンピ指数をチェック!

最後にイマ分析ということで、とある指数をチェックしていきます。

【安田記念】人気馬のコンピ指数

とある指数というのは、私が長年チェックしている日刊コンピ指数なのですが、金曜日発表された日刊コンピ上位指数馬は、こちらのとおりとなりました。

【安田記念】日刊コンピ上位指数

(日刊スポーツ「極ウマプレミアム」様より引用)

日刊コンピについても、順位と指数の数値によって、個人的に予め決めている基準で、ポイント付けしています。

そこで、今回の安田記念で日刊コンピ1位だったのがシュネルマイスターで指数722位はイルーシヴパンサーで指数683位はソングラインで指数67というデータでした。

1位の指数が72ということで、正直ビミョーですね。

指数1位【72】のデータなのですが、過去10年では勝率20%、連対率は35%、複勝率は46%というデータなのですが、

1位の標準的な指数を80とすると、勝率では10%、連対率では12%、複勝率では14%下がっており(1位【80】の勝率30%・連対率47%・複勝率60%)、信頼度はあまりないと考えています。

そのため、ポイントは3.5ポイントで、2位や3位より低くしています。

2位については、69以上であれば、4.5ポイントにしていますが、68でしたので4.0ポイント、3位は67で、3位で67以上は評価を高くしているため4.5ポイントと、今回は1位・2位よりも高いポイントになっています。

4位以下は、指数の数値に関係なくポイント付けしておりまして、4位は4.0ポイント、5位は3.5ポイント、6位以下は3.0ポイントとしています。

ちなみに、この安田記念は、指数5位から指数16位まで指数が一つずつ減る「一減並び」となっていて、波乱傾向を感じる指数配列となっていました。

安田記念の上位人気馬5頭をポイント付けして評価!

それでは、ここから、これまで過去予想とイマ分析をしてきた内容について、トータルポイントで、上位5頭の順位付けをしていきます。

【安田記念】人気馬5頭評価

ポイントの付け方に関しては、最大5.0ポイントの0.5ポイントきざみで行っています。

【安田記念】ポイントの付け方

4ヵ月以上の休養明け、昇級戦、前走1着馬とのタイム差が1.1秒以上開いている場合は、マイナスポイントを付与しています。

それでは、トータルポイントの順位を発表していきます。

ソウルラッシュのポイント評価

まず、5位ですが、ソウルラッシュとなりました。

【安田記念】ソウルラッシュのポイント評価

東京競馬場での実績がなかったので、芝1600mコースは得意なものの、過去評価では4.0ポイントとしています。

調教に関しては、4.5ポイント、騎手評価に関しては、浜中騎手の東京芝1600mコース実績はないものの、ソウルラッシュとのコンビで4戦4勝と相性が良いので、4.5ポイントとしています。

日刊コンピについては、指数下位でしたので、3.0ポイントで、トータル16.0ポイントの5位となりました。

イルーシヴパンサーのポイント評価

4位は、イルーシヴパンサーになりました。

【安田記念】イルーシヴパンサーのポイント評価

東京競馬場と芝1600mコースでの成績は申し分がないのですが、東京新聞杯からの参戦ということで、過去評価は5.0ポイントではなく、4.5ポイントとしています。

騎手評価は田辺裕信騎手とのコンビで4連勝、さらに東京芝1600mコース実績もあるので、5.0ポイントとしています。

調教評価は4.5ポイント、日刊コンピは指数2位【68】で4.0ポイントなのですが、4ヵ月のブランクがあるため、割引でマイナス1ポイント。結果、トータル17.0ポイントで、4位となりました。

セリフォスのポイント評価

3位は、セリフォスでした。

【安田記念】セリフォスのポイント評価

前走NHKマイルカップが有利な前走レースなのかというと、「なくはない」とお話しましたが、1600mコースでの成績もふまえて、過去評価は4.5ポイントとしました。

騎手評価は、藤岡佑介騎手の東京芝1600m成績が今一つで4.0ポイント。ただ、調教は満点の5.0ポイントで、コンピは指数4位4.0ポイントの、トータル17.5ポイントで3位という結果になりました。

3歳馬ということで、危険視する向きもあるかもしれませんが、私は切れないですね。

シュネルマイスターのポイント評価

2位は、シュネルマイスターでした。

【安田記念】シュネルマイスターのポイント評価

前走が海外ということもあって、過去評価は5.0ポイントに及ばず4.5ポイント、騎手評価・調教評価は、申し分なしの5.0ポイント。

ただ日刊コンピが指数1位【72】と微妙な数値で、3.5ポイントでしたので、トータル18.0ポイントとなりました。

日刊コンピの指数が84以上だと、コンピのポイントも4.5ポイント以上になって、完全に1位だったんですけど、2位という結果でした。

もちろん、鞍上はルメール騎手ですし、調教も良いですし、軸馬にして良い馬かと思います。

ソングラインのポイント評価

そして、1位は、ソングラインでした。

【安田記念】ソングラインのポイント評価

前走ヴィクトリアマイル組で、東京競馬場と芝1600mコース成績も実績十分で過去評価は5.0ポイント。

騎手評価は、4.0ポイントだったのですが、調教では満点の5.0ポイント、日刊コンピは指数3位【67】ということで、4.5ポイント。割引もなく、トータル18.5ポイントで、ソングラインが1位という結果になりました。

ダノンザキッドはトータル14.5ポイントで、ランク外となりましたが、人気馬5頭のポイントを改めて整理すると、こちらのとおりとなります。

【安田記念】人気馬5頭ポイント一覧

位はソングライン、2位はシュネルマイスター、3位はセリフォス、4位はイルーシヴパンサー、5位はソウルラッシュ、ランク外はダノンザキッドという結果でした。

上位2頭のどちらか1頭を軸馬にして、三連単馬券を購入していきます。

安田記念のオカルト的選択馬

それで、ここから軸馬を決めたいところなのですけど、その前に私の余興にお付き合いいただきたいのですが、オカルト的選択馬ということで、サイン馬券的な観点で、1頭、今回取り上げた以外の馬をピックアップしてみたいと思います。

今日土曜日未明に、ヨットで単独無寄港の太平洋横断に挑んでいた海洋冒険家の堀江謙一さん、御年83歳が本日午前2時40分頃、和歌山県の紀伊水道にゴールしたというニュースが入ってきました。

世界最高齢での太平洋横断の偉業ということで、今回は、この堀江さんにちなむものはないかと考えたところ、名前的なところでは見当たらなかったのですが、世界最高齢ということで、今回は、出走馬で最年長の馬をピックアップしたいと思います。

今回の安田記念で最年長の馬は、7歳馬のダイアトニックだったのですが、この馬を取り上げます。

【安田記念】オカルト的選択馬

土曜日朝の時点ではブービー人気の17番人気ですが、このダイアトニックも馬券に買い目に入れようと思います。

バケンザルの安田記念軸馬決め

それでは、安田記念の軸馬を決めます。

ここからは、独り言です。

バケンザル
バケンザル
ポイント上位2頭は、⑬ソングラインと、⑨シュネルマイスターになった。

安定度でいえば、⑨シュネルマイスターを推したいところだが、日刊コンピ指数は【72】だったので微妙だ。

ルメール騎手のことだから、十分、連対する可能性はある。マイル実績もある。
昨年のNHKマイルカップでは、2着のソングラインに勝ち優勝している。

しかし、今回のポイントでは⑬ソングラインが上位だ。人気は5,6番人気あたり。やや人気を落としているが、池添騎手との成績は【1-1-1-3】なので次は3着以内があるかもという競馬都市伝説を昔見た記憶がある。
当日、池添騎手が、この馬で勝負を仕掛けるのは間違いない・・・

と、いうわけで・・・

【安田記念】この馬を軸馬にします。

ソングラインに決めました。

【安田記念】軸馬はソングライン

バケンザルが購入した【安田記念】三連単馬券

実際に購入した馬券ですが、

  1. ソングラインを2着に置いたフォーメーション馬券
  2. ソングラインを3着に置いたフォーメーション馬券

この2枚です。

その前に・・・

フォーメーションの1着に置いた馬は、青で囲った6頭です。

【安田記念】バケンザルの三連単馬券

やはり、川田騎手は侮れないダノンザキッド、もしかしたら、武豊騎手のG1連勝があるかもしれないファインルージュ、そして、4連勝中のコンビですね、イルーシヴパンサーソウルラッシュ、さらに、ポイント2位のシュネルマイスター、横山武史騎手が不気味なレシステンシア、以上の6頭を1着に置いたソングライン2着付け、3着付け馬券です。

【安田記念】バケンザルの三連単購入馬券

というわけで、ソングライン2着付けの馬券、3着付けの馬券で、合計132点の馬券となりました。

ソングライン1着の馬券は買っておりません!

変則的三連単フォーメーション馬券です。

願わくば、この馬券で三連単10万円超えの配当をいただきたいところですね。

安田記念のレース結果と馬券回顧

安田記念2022のレース結果は、

第4コーナーを回り逃げ切るかと思ったホウオウアマゾンを交わし、先頭に立ったダノンザキッド。

その後ろで、すぐ追い込みにかかる、ファインルージュ、サリオス、ソングライン、シュネルマイスター、セリフォスの競り合い・叩き合いが展開され、

最後は、ゴール前での追い切りを制した⑬ソングラインが優勝し、2着はクビ差の惜敗⑨シュネルマイスター3着はレーン騎手騎乗の⑰サリオスが入り、三連単は、64,140円という好配当でした。

私の馬券は、⑬ソングラインの2着付け&3着付けのフォーメーションしか買っていなかったため、ハズレ。

勿体なかったですね(^^;

【安田記念】三連単馬券

でも、池添謙一騎手、おめでとうございます☆

今回は、馬券を外しましたが、また次回頑張ります。

バケンザル
バケンザル
ここまでお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。