日曜日の競馬

根岸ステークス【知らなきゃ損する3つの予想データと過去傾向】勝負馬券も公開

根岸ステークス

今週の重賞レースは、

  • 中京競馬場では シルクロードステークス(G3)
  • 東京競馬場では 根岸ステークス(G3)

が行われます。

シルクロードステークスの記事については、こちらの記事をご覧いただきたいのですが、根岸ステークスも、しっかり当てて、気分良く日曜日の夕方を迎えたいものです。

とはいえ、当てるための予想は、しっかりできていますでしょうか?

私もしっかり予想をしないと、競馬は当てることができないと実感しています。

よいさる
よいさる
まさに先週、それを実感しました。

ここでは、今週行われる重賞レースを

日刊コンピ
調教の追い切りタイム
騎手評価

の3つのポイントから分析し、また、過去20年間の傾向も振り返りながら、

本命馬を抽出して、何とか馬券を当てようという記事です。

トライアングル予想
この記事を読んでわかること
  1.  日刊コンピ1位や1番人気の信頼度がわかる
  2.  有力馬の調教追い切り具合がわかる
  3.  このレースで狙うべき騎手がわかる
  4.  レースの過去傾向がわかる
  5.  勝てるステップレースがわかる など

馬券を是非当てたい!という方に、少しでもチェックしていただきたいです。

また、記事の最後には、馬券も掲載します。

馬券の的中は当然保証できませんが、それでも、この記事に馬券的中のヒントは隠されていると考えております。

読んでいただいて1㎜でも参考になったり、私の馬券を見て、楽しくなっていただけましたら幸いです。

よいさる
よいさる
ただし、ご自身の馬券購入は自己責任でお願いしますね。

人気のある競馬ブログは、こちらからどうぞ。

↓↓↓ 大変参考になるカリスマ予想さんのYouTube ↓↓↓

それでは、ここからは、東京競馬場で行われる根岸ステークスについて、知らなきゃ損する予想データと過去傾向について、書いてまいります。

根岸ステークスのレース概要

2021年の根岸ステークスは、1月31日(日)に東京競馬場の第11レース・メインレースとして、ダート1400mのコースで行われます。

レース名第35回根岸ステークス(G3)
コース東京競馬場 ダート1400m
条件/頭数4歳以上オープン/16頭
負担重量4歳55㎏・5歳以上56㎏・牝馬2㎏減(G1優勝馬は1~3㎏増)
優勝賞金1着:3,800万円/2着:1,500万円/3着:950万円

昨年の根岸ステークスは、メンバー唯一のG1馬である3番人気のモズアスコットが、スタートで出遅れたものの、徐々に進出し、最後の直線では、1番人気のコパノキッキングを追い抜き、ダート初挑戦ながらも見事優勝しました。

3着には後方から9番人気のスマートアヴァロンが伸び、3連単は69,270円という配当になりました。

よいさる
よいさる
今年は、ステルヴィオがダート初挑戦になりますね。

根岸ステークスの本命馬は、この馬!

根岸ステークスの本命馬は、この馬にしました。

根岸ステークスの上位人気馬評価表

本命馬の選定理由

午前10時時点の単勝オッズ上位人気馬5頭で評価点数を付けたところ、③レッドルゼルと、⑥タイムフライヤーで同点でした。

悩むところですが、最終的にはタイムフライヤーに。

上位得点というところもあるのですが、やはり、C・ルメール騎手というところと、調教もギリ合格点、コンピの出目も強かったので、この馬からいきます。

あの馬を本命馬にしなかった理由

レッドルゼルを軸馬にしなかった・・・というより、しても良いかなと思うのですが、日刊コンピ指数が指数1位【76】というところと、川田将雅騎手が東京ダート1400mであまりいい成績を残していないので、そこが気になりました。

根岸ステークスの馬券は、これで勝負!

馬券は、シルクロードステークス同様、馬連と馬単の2パターンで、合計5,000円の勝負です。

根岸ステークスの馬連馬券 根岸ステークスの馬単馬券 5千円札

それでは、ここからは、私が根岸ステークスで予想した日刊コンピ・調教追い切り・騎手評価の根拠データを紹介していきます。

予想データ【1】:日刊コンピから根岸ステークスを分析

金曜日に発表された根岸ステークスの日刊コンピ指数は、この通りでした。

指 数馬 番馬 名数 値
1位3レッドルゼル76
2位6タイムフライヤー68
3位14アルクトス59
4位9ヘリオス58
5位1ワンダーリーデル56
6位16ステルヴィオ55
7位13サクセスエナジー54
8位7ヤマニンアンプリメ53
9位8スマートセラヴィー52
10位12テイエムサウスダン51
11位15デザートストーム50
12位5ブルベアイリーデ49
13位10メイショウテンスイ48
14位11サブノジュニア46
15位2スマートダンディー41
16位4ダイメイフジ40

指数1位は、③レッドルゼルで76、2位はタイムフライヤーで68でした。

よいさる
よいさる
指数5位から13位まで指数が一つずつ減る「一減並び」だし、指数8位は52以上だし・・・で、波乱要素の匂いがしますね。

日刊コンピ1位の勝率・連対率・複勝率

レッドルゼルの日刊コンピ指数【76】という数値は、信頼がおけるのか?

指数【76】の勝率・連対率・複勝率は、こちらの通りです。

コンピ指数1位【76】の成績
  • 勝 率 ~ 23%
  • 連対率 ~ 40%
  • 複勝率 ~ 53%

一般的な一番人気の成績に比べ、勝率では7.5%、連対率では8.7%、複勝率では8.2%低い数値でした。

そのため、レッドルゼルが一番人気だった場合、多少の割引で評価した方が良いように思えます。

日刊コンピデータベースによる出目傾向

日刊コンピ指数の指数配列から、出目の強い指数について、『極ウマ・プレミアム』のコンピデータベースから確認してみます。

以下のとおりで、指数検索をしてみました。

  • 2014年1月から2020年12月までの期間
  • 指数1位【76】/指数2位【68】/指数5位【56】で数値を指定
  • 頭数は14頭以上
  • 17レースを抽出

結果は、このようになりました。

根岸ステークスと同じ指数配列によるコンピの出目傾向
根岸ステークス・コンピデータベース

出目的に見れば、指数1位と2位が、かなり強いです。

そのため、この根岸ステークスは、日刊コンピ的に、1位のレッドルゼルか、2位のタイムフライヤーからいくべき・・・ということになりますね。

他には、指数12位と13位の出目も気になるので、このあたりの馬も1頭は、馬券に入れたいところです。

レッドルゼルのコンピ信頼度は悪くない。タイムフライヤーの68も良い傾向。日刊コンピ的には、ブルベアイリーデ、メイショウテンスイ、どちらか1頭は馬券に入れたいところ。

予想データ【2】:根岸ステークス有力馬の調教追い切りタイム

ここでは、日刊コンピ上位馬の調教をチェックしていきます。

よいさる
よいさる
調教タイムで、馬の状態や勝負気配を確認しています。

調教タイムは、直近と2走前の追い切りタイムを掲載しています。

枠内の数字の見方は、左から

4ハロン 3ハロン 2ハロン 1ハロン

のタイムですが、2ハロンのタイムは省略されている場合もあります。

(数字が3つしかない場合は、2ハロンのタイムが省略されて発表されたものです。)

評価は、評価の良い順から【S】【A】【B】【C】の4段階です。

コンピ1位:③レッドルゼルの追い切りタイム

レッドルゼルの追い切りタイム

(前回) 12/9 栗坂 良 末強め追う
54.3 38.9 24.9 12.0

助手 1/20 栗坂 良 一杯に追う
51.7 38.0 24.8 12.3
サトノアポロン(三未勝)一杯を0.8秒追走0.3秒先着

助手 1/27 栗坂 重 馬なり余力
55.0 39.3 24.9 12.2

よいさる
よいさる
20日の追い切りでは4ハロン51.7秒、1ハロン12.3秒と好タイムが出ていますね。S評価とします。

コンピ2位:⑥タイムフライヤーの追い切りタイム

タイムフライヤーの追い切りタイム

(前回) 12/1 栗CW 良 強めに追う
51.5 37.5 12.1

助手 1/23 栗坂 稍 馬なり余力
54.2 39.0 24.8 12.4
ハギノリュクス(古馬3勝)末強めに0.1秒先行同入

助手 1/26 栗坂 良 末強め追う
53.6 38.5 24.8 12.6
ハギノリュクス(古馬3勝)強めに0.3秒先行同入

よいさる
よいさる
ギリギリ合格点というタイムですかね。A評価寄りのB評価とします。

コンピ3位:⑭アルクトスの追い切りタイム

アルクトスの追い切りタイム

(前回) 12/2 美坂 良 馬なり余力
51.1 37.0 24.5 12.4

助手 1/26 美坂 重 馬なり余力
61.1 45.0 29.6 14.9

田辺 1/27 美坂 稍 馬なり余力
53.8 38.8 25.2 12.4
スイートセント(古馬2勝)末一杯を0.6秒追走0.2秒先着

よいさる
よいさる
鞍上の田辺裕信騎手が騎乗して併せ馬も先着。A評価です。

コンピ4位:⑨ヘリオスの追い切りタイム

ヘリオスの追い切りタイム

(前回) 11/18 栗CW 良 一杯に追う
51.5 38.0 12.4

見習 1/27 栗P 良 一杯に追う
50.4 37.0 11.9
ソングオブザハート(古馬3勝)強めの内0.4秒追走0.2秒先着

見習 1/29 栗坂 良 馬なり余力
61.4 44.4 29.7 14.7

よいさる
よいさる
29日の追い切りは、軽い調整。それ以前の調教で、時計の出やすい栗東ポリトラックコースとはいえ、好タイムをはじき出しています。A評価です。

コンピ5位:①ワンダーリーデルの追い切りタイム

ワンダーリーデルの追い切りタイム

(前回) 11/11 栗坂 良 一杯に追う
51.7 37.9 25.1 13.1

助手 1/24 栗坂 不 馬なり余力
55.0 39.2 25.5 12.6

調教師 1/27 栗坂 重 馬なり余力
53.0 38.2 24.8 12.3
カレンヒメ(古馬1勝)馬なりに0.2秒先行同入

よいさる
よいさる
栗東坂路コースで、このタイムは合格点です。A評価です。

上の5頭以外で調教タイムが良かった馬は、

⑧スマートセラヴィー

⑫テイエムサウスダン

⑯ステルヴィオ

というところです。

レッドルゼルの調教仕上がりは高評価してよい。タイムフライヤーの時計は、やや不安だが、それ以外の有力馬の状態も仕上がっていると評価できる。

予想データ【3】:根岸ステークスに騎乗する騎手の実績

騎乗する騎手に関して、競走馬との実績、乗り替わり評価、また、コース適性について分析していきます。

騎手×出走馬との実績:相性の良いコンビは、この騎手。

根岸ステークスに騎乗する16名の騎手で、出走馬との相性が良いのは、こちらの騎手です。

よいさる
よいさる
2走以上しているコンビを取り上げています。また、【 】内の数字は、左から1着・2着・3着・4着以下の回数です。
  • 川田将雅騎手×レッドルゼル【3-1-0-1】
  • C・ルメール騎手×タイムフライヤー【3-0-0-3】
  • 武豊騎手×ヤマニンアンプリメ【1-0-1-1】
  • 田辺裕信騎手×アルクトス【7-1-0-7】

確率なことで言えば、川田騎手が複勝率80%で圧倒的ですが、田辺騎手の7勝は目を引きますね。前走、チャンピオンズカップで9着と負けていますが、2走前のG1・南部杯では、このコンビで優勝しているので、おさえておきたい1頭です。

有力馬の乗り替わり評価:乗り上がり?乗り下がり?

今回、有力馬で騎手が乗り替わりとなるのは、⑥タイムフライヤーと⑫テイエムサウスダン、そして、⑯ステルヴィオです。

タイムフライヤーは、藤岡佑介騎手からC・ルメール騎手への乗り替わり。これは乗り上がりと言えますね。

よいさる
よいさる
だって、リーディングジョッキーですもの。

テイエムサウスダンは、浜中俊騎手から石橋脩騎手への乗り替わり。ここは正直、微妙な感じがします。

ステルヴィオは、池添謙一騎手から、若手で勢いのある横山武史騎手への乗り替わり。ここは乗り上がりと評価しています。

根岸ステークスのコースが得意な騎手ランキング

根岸ステークスは、東京競馬場のダート1400mで行われますが、このコースの連対率ランキングを出してみました。結果は、こちらのとおりです。(直近2年間・騎乗回数10回以上の騎手が対象)

東京競馬場ダート1400m・連対率ランキング
RANKI騎手着別回数勝率連対率複勝率
1北村友一4- 2- 1- 8/ 1526.7%40.0%46.7%
2ルメール15- 8- 11- 25/ 5925.4%39.0%57.6%
3M.デムーロ10- 8- 4- 33/ 5518.2%32.7%40.0%
4レーン7- 3- 4- 19/ 3321.2%30.3%42.4%
5川田将雅2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%
6三浦皇成17- 10- 15- 53/ 9517.9%28.4%44.2%
7戸崎圭太7- 10- 6- 45/ 6810.3%25.0%33.8%
8田辺裕信15- 9- 7- 66/ 9715.5%24.7%32.0%
9武豊6- 0- 1- 20/ 2722.2%22.2%25.9%
10岩田康誠5- 2- 1- 25/ 3315.2%21.2%24.2%
11横山典弘8- 5- 3- 47/ 6312.7%20.6%25.4%
12坂井瑠星1- 3- 1- 15/ 205.0%20.0%25.0%
13津村明秀6- 9- 7- 56/ 787.7%19.2%28.2%
14丸田恭介1- 2- 1- 12/ 166.3%18.8%25.0%
15松山弘平0- 3- 1- 12/ 160.0%18.8%25.0%
16石橋脩7- 6- 6- 52/ 719.9%18.3%26.8%
17柴田善臣1- 5- 2- 26/ 342.9%17.6%23.5%
18大野拓弥8- 10- 9- 78/1057.6%17.1%25.7%
19小林凌大2- 1- 0- 15/ 1811.1%16.7%16.7%
20内田博幸6- 10- 12- 82/1105.5%14.5%25.5%

 

今回騎乗する騎手の中では、⑥タイムフライヤーに騎乗するC・ルメール騎手が一番成績が良いですね。複勝率57.6%。

川田将雅騎手も悪くはないのですが、それでも、10レース騎乗して7敗しているというのは、川田騎手にとっては物足りない数字と言えます。

注目は、⑭アルクトスに騎乗する田辺裕信騎手と、⑮デザートストームに騎乗する三浦皇成騎手。関東の騎手ですので、東京競馬場は主戦場ですが、特に三浦騎手は直近2年間で95レースに乗りながら、複勝率44.2%と好成績を収めています。

コース実績からC・ルメール騎手は外せない。また、三浦皇成騎手も東京ダート1400mのコースは得意なので注目。

根岸ステークスの過去20年データ

これまで、

日刊コンピ
調教の追い切りタイム
騎手評価

この3つのデータ分析をしてきましたが、ここでは根岸ステークスの過去のレースデータを振り返り、傾向を把握してみたいと考えています。

過去20年間のレース配当

まずは、過去20年間における根岸ステークスのレース配当を見てみます。

過去20年間におけるレース配当
単勝馬連馬単3連複3連単
2001 ¥2,500 ¥4,850¥-¥-¥-
2002 ¥1,050 ¥4,380¥-¥-¥-
2003¥560¥490 ¥1,400 ¥4,070¥-
2004 ¥1,450 ¥17,560 ¥32,560 ¥44,130¥-
2005¥180 ¥2,620 ¥3,250 ¥9,810 ¥38,110
2006 ¥1,100 ¥3,450 ¥8,130 ¥7,990 ¥58,400
2007 ¥5,590 ¥4,050 ¥16,980 ¥45,480 ¥410,370
2008¥250 ¥2,400 ¥3,640 ¥4,930 ¥26,150
2009¥700 ¥4,150 ¥8,150 ¥15,980 ¥88,500
2010 ¥4,590 ¥5,960 ¥18,350 ¥16,330 ¥156,290
2011¥360¥640 ¥1,290 ¥12,110 ¥45,080
2012¥950 ¥15,660 ¥26,230 ¥58,390 ¥379,550
2013 ¥1,280 ¥1,380 ¥4,300 ¥15,560 ¥103,090
2014¥750 ¥6,380 ¥11,380 ¥29,140 ¥158,760
2015¥340¥710 ¥1,450 ¥13,290 ¥48,330
2016¥220 ¥1,330 ¥1,850 ¥11,480 ¥34,400
2017¥300¥860 ¥1,590 ¥2,390 ¥9,330
2018 ¥1,050 ¥2,010 ¥5,080 ¥2,540 ¥20,200
2019¥430 ¥1,250 ¥2,360 ¥5,220 ¥18,930
2020¥990 ¥1,400 ¥3,300 ¥14,510 ¥69,270

過去のレース配当を見ると、特段荒れている印象ではないですね。2012年から3年間は、3連単の配当が10万円超えとなっていますが、近年は上位人気決着に推移しています。

今年は、どうでしょうか。

過去20年間における単勝人気別成績

次に単勝人気別成績を見てみますと、1番人気の成績は、「まぁ、それなりに」という結果でした。ただ、連対率は55%なので、馬券から外すことはできません。

過去20年間における単勝人気別成績
人気1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
1番人気561825.0%55.0%60.0%
2番人気3111515.0%20.0%25.0%
3番人気152125.0%30.0%40.0%
4番人気3031415.0%15.0%30.0%
5番人気134125.0%20.0%40.0%
6~10人気557835.0%10.0%17.0%
11人気~2021071.8%1.8%3.6%

 

よいさる
よいさる
2番人気、3番人気の成績よりも、4番人気、5番人気の数字に目が行ってしまいますね。

過去20年間の日刊コンピ指数

ここでは私が愛用している日刊コンピ指数から過去20年間における傾向を振り返ってみます。

2001年から2020年までの日刊コンピ指数と、指数別の結果は、こちらの通りでした。

根岸ステークスの過去20年間コンピ
【過去コンピ】根岸ステークス

過去コンピ的には、出目が幅広く点在しています。指数8位だと過去7回馬券に絡んでいるので、指数7位・8位あたりも気になるところです。

出目的には指数1位が強いですね。指数80台が多いので、この結果は当然と言えば当然なのかもしれませんが、今回の根岸ステークス2021の1位は76なので、過去傾向のようにいくか注目です。

根岸ステークスの勝てるステップレース

最後に、根岸ステークスのステップレースについて分析していきます。ステップレースについては、過去20年だと長いので、過去10年間で見ていきます。

過去10年間において、ステップレースで1着・2着になった馬は、以下のレースが前走レースでした。

  • 武蔵野ステークス(G3)
  • カペラステークス(G3)
  • ギャラクシーステークス
  • チャンピオンズカップ(G1)
  • マイルチャンピオンシップ(G1)
  • ファイナルステークス
  • 大和ステークス
  • 師走ステークス
  • JBCスプリント(G1)

勝ち数で言えば、武蔵野ステークス組3勝で一番多く、【3-0-1-5/9頭】で勝率・連対率ともに33.3%、複勝率44.4%という成績でした。

<武蔵野ステークスからの参戦組>※( )書きは着順

① ワンダーリーデル(4着)

カペラステークスからの参戦組が、これまで一番頭数が多いのですが、【2-2-1-22/27頭】という成績で、勝率7.4%、連対率14.8%、複勝率18.5%という結果でした。

よいさる
よいさる
勝つためのステップレースと言えるかは疑問かな?

<カペラステークスからの参戦組>※( )書きは着順

③ レッドルゼル(2着)

⑪ サブノジュニア(8着)

チャンピオンズカップ組は、【2-1-2-7/12頭】で勝率16.7%、連対率25.0%、複勝率41.7%というデータでした。

よいさる
よいさる
カペラステークスよりは、確率的に良いのですね。

<チャンピオンズカップからの参戦組>※( )書きは着順

⑥ タイムフライヤー(8着)

⑭ アルクトス(9着)

ちなみに、⑨ヘリオスが該当する霜月ステークス組ですが、これまで4頭出走して4頭とも4着以下でした。

長くなりましたが、根岸ステークスの知らなきゃ損する予想データと過去傾向について、書いてみました。少しでも競馬予想の参考になれば幸いです。

根岸ステークスのレース結果と馬券結果

根岸ステークス、結果は、1番人気の③レッドルゼルが、馬群の中からうまく抜け出し、ゴール直前で2番人気の⑥タイムフライヤーをおさえ、優勝しました。

2着には最後方に位置していながらも、外目から伸びてきた10番人気の①ワンダーリーデルが入り、⑥タイムフライヤーは3着に。3連単は、44,160円という配当でした。

馬券は、タイムフライヤーからの馬連・馬単だったのでハズレ。軸ズレしてしまいました。

よいさる
よいさる
最初、当たるかなと思ったんですけどね・・・

また次の重賞レース頑張ります。ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

関連記事はこちら