今週の競馬予想

中山記念の過去傾向と予想2021【知らなきゃ損する5つのポイント】

中山記念

今週の重賞レースは、

  • 阪神競馬場では 阪急杯(G3)
  • 中山競馬場では 中山記念(G2)

が行われます。

両方の重賞レースを当てて、気分良く日曜日の夕方を迎え、美味しいビールを飲みたいものです。

楽しい日曜日の夕方

馬券を当てるためには、一つ一つのデータを読み解いて決断することが必要と考えていますが、

ここでは、中山競馬場で行われる中山記念について

日刊コンピ
調教の追い切りタイム
騎手評価

の3つのポイントから分析し、また、過去のレース傾向も振り返りながら、

本命馬を抽出して、何とか馬券を当てようという記事です。

トライアングル予想
この記事を読んでわかること
  1.  中山記念の過去傾向がわかる
  2.  勝てるステップレースがわかる
  3.  日刊コンピ1位や1番人気の信頼度がわかる
  4.  有力馬の調教追い切り具合がわかる
  5.  このレースで狙うべき騎手がわかる など

この5つのポイントをおさえて馬券を買わないと、私の馬券はきっとハズレる=損をすると思っているので、このような記事タイトルにしています。馬券を是非当てたい!という方に、少しでもチェックしていただきたいです。

馬券の的中は当然保証できませんが、それでも、この記事に馬券的中のヒントは隠されていると考えております。

また、記事の最後には、馬券も掲載します。

よいさる
よいさる
ただし、ご自身の馬券購入は自己責任でお願いしますね。

 

まず、土曜日までの段階では、

  1.  中山記念の過去傾向
  2.  中山記念の勝てるステップレース

について、分析していきます。

宜しくお願いいたします。

中山記念のレース概要と昨年のレース結果

まずは、各データを振り返る前に、中山競馬場のレース概要と昨年のレース結果を確認します。

中山記念2021のレース概要

2021年の中山記念は、2月28日(日)に中山記念のメインレースとして、芝1800mのコースで行われます。

レース名 第95回 中山記念(G2)
コース 中山競馬場 芝1800m
条件/頭数 4歳以上オープン/14頭
負担重量 4歳55㎏/5歳以上56㎏/牝馬2㎏減/G1優勝馬には1~2㎏増あり
優勝賞金 1着:6,700万円/2着:2,700万円/3着:1,700万円

1着馬には、G1・大阪杯の優先出走権が与えられます。

登録馬は、以下のとおりです。

  • ウインイクシード(横山武史騎手)
  • オウケンムーン(吉田豊騎手)
  • キングミニッツ(騎手未定)
  • クラージュゲリエ(C・ルメール騎手)
  • ケイデンスコール(岩田康誠騎手)
  • コスモカレンドゥラ(柴田大知騎手)
  • ゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)
  • サンアップルトン(柴田善臣騎手)
  • ショウナンライズ(騎手未定)
  • トーセンスーリヤ(横山和生騎手)
  • ノーブルマーズ(高倉稜騎手)
  • バビット(内田博幸騎手)
  • パンサラッサ(三浦皇成騎手)
  • ヒシイグアス(松山弘平騎手)
  • ビターエンダー(津村明秀騎手)
  • ブラックバゴ(笹川翼)
  • フランツ(M・デムーロ騎手)
  • マイネルハニー(騎手未定)

中山記念2020のレース結果

昨年の中山記念は、9頭立てという小頭数でしたが、1番人気に推された③ダノンキングリーが好位の3番手から楽に抜け出して、2着を1馬身以上突き放し、2019年共同通信杯、毎日王冠に続く重賞3勝目を飾りました。

2着には、2番人気の⑦ラッキーライラックが迫るものの及ばず、3着には6番人気の④ソウルスターリングが入り、3連単は12,020円という配当でした。

ポイント①:中山記念の過去傾向

それでは、中山記念の過去傾向について見ていきます。

過去20年における中山記念のレース配当

過去20年における配当を出す前に、まず、この中山記念の傾向としては、小頭数レースであるということが言えます。

<直近5年間における中山記念の出走頭数>

  • 2016年・・・11頭
  • 2017年・・・11頭
  • 2018年・・・10頭
  • 2019年・・・11頭
  • 2020年・・・9頭

中山記念は、小頭数レースになることも多いということを踏まえ、レース配当を見た方が良さそうです。

こちらのとおりでした。

単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2001 ¥580 ¥1,800 ¥- ¥- ¥-
2002 ¥1,740 ¥8,440 ¥- ¥- ¥-
2003 ¥180 ¥740 ¥1,030 ¥6,690 ¥-
2004 ¥210 ¥730 ¥1,030 ¥880 ¥-
2005 ¥760 ¥1,820 ¥4,410 ¥14,640 ¥74,410
2006 ¥1,540 ¥1,580 ¥5,300 ¥4,410 ¥34,840
2007 ¥1,700 ¥3,020 ¥7,620 ¥7,260 ¥55,110
2008 ¥520 ¥4,310 ¥6,880 ¥3,860 ¥26,150
2009 ¥360 ¥1,600 ¥2,960 ¥2,110 ¥13,200
2010 ¥3,640 ¥18,080 ¥40,810 ¥66,160 ¥534,940
2011 ¥140 ¥600 ¥810 ¥1,520 ¥4,210
2012 ¥640 ¥6,170 ¥13,460 ¥12,360 ¥93,090
2013 ¥450 ¥1,360 ¥2,490 ¥6,560 ¥28,270
2014 ¥530 ¥2,730 ¥4,570 ¥7,160 ¥38,020
2015 ¥470 ¥880 ¥1,720 ¥1,860 ¥7,520
2016 ¥210 ¥800 ¥1,100 ¥920 ¥3,780
2017 ¥710 ¥14,300 ¥22,790 ¥52,870 ¥315,300
2018 ¥530 ¥1,980 ¥3,830 ¥8,640 ¥41,500
2019 ¥700 ¥2,470 ¥4,670 ¥3,260 ¥22,810
2020 ¥250 ¥360 ¥700 ¥3,220 ¥12,020

昨年は9頭立てで、かつ、1番人気・2番人気が馬券に絡んだ昨年は人気決着となりましたが、単勝に関しては、2011年以降、すべて単勝1,000円(10倍)未満の馬が1着になっています。

ただ、3連複に関しては、5,000円以上の配当も多く、1頭は穴馬が入るレース傾向と言えます。

よいさる
よいさる
3着に入る3頭のうち2頭は1番人気から4番人気まで、1頭は人気薄が入るというイメージですね。

過去20年の日刊コンピ結果

過去のレース結果を日刊コンピ指数から視覚的に見てみましょう。

日刊コンピ的には、指数3位の馬が強いですね。1位はそれほど・・・という印象です。

【過去コンピ】中山記念

出目は、1位から5位に集まり、1頭、指数6位~8位あたりが入ってくるという傾向ですね。

過去20年の単勝人気別成績

単勝人気別の成績を見てみると、

人気 着別回数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6- 1- 2- 11/ 20頭 30.0% 35.0% 45.0%
2番人気 5- 3- 4- 8/ 20頭 25.0% 40.0% 60.0%
3番人気 3- 4- 3- 10/ 20頭 15.0% 35.0% 50.0%
4番人気 1- 5- 3- 11/ 20頭 5.0% 30.0% 45.0%
5番人気 1- 1- 2- 16/ 20頭 5.0% 10.0% 20.0%
6番人気 2- 1- 2- 15/ 20頭 10.0% 15.0% 25.0%
7~9人気 1- 4- 4- 51/ 60頭 1.7% 8.3% 15.0%
10人気~ 1- 1- 0- 71/ 73頭 1.4% 2.7% 2.7%
14人気~ 0- 0- 0- 16/ 16頭 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の成績は、複勝率(3着内)45.0%とあまり良くないですね。

1着に6回なっていますが、20回中の6回ですからね。1番人気の信頼度があまり高いとは言えないレース傾向のようです。

逆に強いのが、2番人気・3番人気・4番人気です。

2番人気は複勝率60.0%、3番人気は50.0%と勝率はともかく3着以内には入る確率が高いので、おさえるべきですね。

よいさる
よいさる
4番人気も1番人気と同じ複勝率ですので、軸馬にするなら2~4番人気というところかもしれません。

基本的に上位人気の1着・2着の傾向が強いが、1番人気の信頼度は今一つか。それよりも、2番人気~4番人気を中心に考えた方が良さそう。

ポイント②:中山記念の勝てるステップレースは?

次に、中山記念のステップレースについて分析していきます。

よいさる
よいさる
ステップレースについては、過去20年だと長いので、過去10年で見ていきます。
  • 中山金杯(G3)
  • 有馬記念(G1)
  • 天皇賞(G1)
  • 白富士ステークス
  • 日本ダービー(G1)
  • 香港マイル(G1)
  • マイルチャンピオンシップ(G1)
  • エリザベス女王杯(G1)
  • 秋華賞(G1)
  • 朝日チャレンジカップ(G3)
  • 小倉大賞典(G3)
  • 根岸ステークス(G3)
  • 香港ヴァーズ(G1)
  • 京都金杯(G3)

一番出走頭数が多いのは、中山金杯組ですが、【3-0-0-10/13頭】で勝率・連対率・複勝率ともに、23.1%でした。

<中山金杯からの参戦組> ※( )内は着順

⑧ ヒシイグアス(1着)

⑬ ウインイクシード(3着)

確率的には、有馬記念組も悪くなく、【2-1-0-5/8頭】で勝率25.0%、連対率・複勝率ともに37.5%という成績でした。

<有馬記念からの参戦組> ※( )内は着順

⑦ バビット(13着)

白富士ステークス組は、【1-1-0-10/12頭】で勝率8.3%、連対率・複勝率ともに16.7%という今一つな結果に。

<白富士ステークスからの参戦組> ※( )内は着順

⑥ フランツ(3着)

京都金杯組は、【0-1-1-3/5頭】で複勝率40.0%という結果で、侮れないステップレースと言えます。

<京都金杯からの参戦組> ※( )内は着順

④ ケイデンスコール(1着)

中山金杯組は、1着しか実績なし。白富士ステークス組の成績も不振注目は、有馬記念や京都金杯組。

ポイント③:中山記念の上位人気2頭の日刊コンピ的信頼度は?

金曜日に発表された中山記念の日刊コンピ指数は、この通りでした。

指 数 馬 番 馬 名 数 値
1位 8 ヒシイグアス 79
2位 7 バビット 78
3位 11 クラージュゲリエ 63
4位 13 ウインイクシード 56
5位 4 ケイデンスコール 55
6位 1 トーセンスーリヤ 54
7位 12 パンサラッサ 52
8位 9 サンアップルトン 51
9位 6 フランツ 49
10位 10 ゴーフォザサミット 48
11位 2 コスモカレンドゥラ 47
12位 3 ノーブルマーズ 46
13位 5 マイネルハニー 41
14位 14 ショウナンライズ 40

日刊コンピ1位は、⑧ヒシイグアスで指数が79、2位が⑦バビットで指数78でした。

1位と2位の指数差が一つしかないですね。

よいさる
よいさる
指数2位78というのは珍しいかもです。

日刊コンピ1位の勝率・連対率・複勝率

ヒシイグアスの日刊コンピ指数【79】という数値の信頼度は?というわけで、指数【79】の勝率・連対率・複勝率は、こちらの通りです。

日刊コンピデータベースによる出目傾向

日刊コンピ指数の指数配列から、出目の強い指数について、『極ウマ・プレミアム』のコンピデータベースから確認してみます。

以下のとおりで、指数検索をしてみました。

  • 2014年1月から2021年2月までの期間
  • 指数1位【79】/指数2位【78】/指数5位【55】で数値を指定
  • 頭数は14頭以上
  • 17レースを抽出

結果は、このようになりました。

中山記念と同じ指数配列によるコンピの出目傾向
中山記念コンピデータベース

コンピの出目的に見れば、指数1位と2位が強いですね。3位もそれなりの出目です。

そのため、日刊コンピ的には、⑧ヒシイグアス、⑦バビット、⑪クラージュゲリエが有力ということになります。

指数9位から11位の出目も気になりますね。⑥フランツ、⑩ゴーフォザサミット、②コスモカレンドゥラあたりもチェックした方が良さそうです。

指数1位【79】・2位【78】の組み合わせは、指数1位・2位の出目が強力。そのため、ヒシイグアス、バビットは外せない。

ポイント④:中山記念有力馬の調教追い切りは?

ここでは、日刊コンピ上位馬の調教をチェックしていきます。

よいさる
よいさる
調教タイムで、馬の状態や勝負気配を確認しています。

調教タイムは、直近と2走前の追い切りタイムを掲載しています。

枠内の数字の見方は、左から

4ハロン 3ハロン 2ハロン 1ハロン

のタイムですが、2ハロンのタイムは省略されている場合もあります。

(数字が3つしかない場合は、2ハロンのタイムが省略されて発表されたものです。)

評価は、評価の良い順から【S】【A】【B】【C】の4段階です。

日刊コンピ1位:⑧ヒシイグアスの調教追い切り

ヒシイグアスの追い切りタイム

(前回) 12/30 美南W 稍 馬なり余力
50.7 37.8 12.7

助手 2/18 美南W 良 G前仕掛け
52.2 38.9 12.5
サクラトゥジュール(古馬3勝)末一杯の外0.4秒先行同入

助手 2/24 美南W 良 馬なり余力
53.5 39.6 12.6
エスコバル(三歳1勝)馬なりの内を0.4秒追走4F併同入

よいさる
よいさる
2月24日の調教タイムは及第点以下ですが、2月18日の調教タイムはA評価です。

日刊コンピ2位:⑦バビットの調教追い切り

バビットの追い切りタイム

(前回) 12/23 栗坂 良 馬なり余力
55.6 40.9 26.3 13.1

助手 2/21 栗坂 良 馬なり余力
62.1 44.3 28.4 13.9

助手 2/24 栗坂 良 馬なり余力
55.3 40.5 26.1 12.7

よいさる
よいさる
前走有馬記念もあまりいい数字ではなく13着。今回もタイム的には及第点以下。B評価です。

日刊コンピ3位:⑪クラージュゲリエの調教追い切り

クラージュゲリエの追い切りタイム

(前回) 1/14 栗CW 良 一杯に追う
52.7 38.7 12.8

助手 2/21 栗坂 良 馬なり余力
56.2 40.3 25.5 12.2

ルメール 2/24 栗CW 良 稍一杯追う
53.2 39.3 12.7
サンラモンバレー(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走0.1秒遅れ

よいさる
よいさる
2月24日の追い切りタイムはあまり良くないですが、2月21日に栗東坂路コースで1ハロン12.2秒出しているので、A評価です。

日刊コンピ4位:⑬ウインイクシードの調教追い切り

ウインイクシードの追い切りタイム

(前回) 12/31 美北C 良 馬なり余力
54.2 39.9 13.2

助手 2/21 美南W 良 馬なり余力
55.6 41.0 13.6

横山武 2/24 美南W 良 強めに追う
52.8 39.8 13.1
ショーショーショー(古馬1勝)馬なりの内0.4秒追走同入

よいさる
よいさる
調教駆けする馬ではないようですが、タイム的には微妙ですね。B評価とします。

日刊コンピ5位:④ケイデンスコールの調教追い切り

ケイデンスコールの追い切りタイム

(前回) 1/2 栗坂 良 末一杯追う
58.4 40.9 25.1 11.8

助手 2/21 栗坂 良 馬なり余力
59.7 43.2 28.3 14.6

岩田康 2/24 栗坂 良 馬なり余力
55.2 39.7 25.2 12.0

よいさる
よいさる
2月24日の4ハロンタイムは全然ですが、1ハロンで12.0秒を叩き出しているので、A評価です。

上の5頭以外で調教タイムが良かった馬は、

①トーセンスーリヤ

⑨サンアップルトン

⑩ゴーフォザサミット

⑫パンサラッサ

というところです。

有力馬の調教追い切りは、ヒシイグアスケイデンスコール以外は、今一つ。伏兵陣の方が良いので、配当的には面白いレースになりそう。

 

ちなみに、私【よいさる】が購入した過去のデータバイブルによると、中山記念の傾向と対策は、このようになっていました。

【実績】:古馬の別定G2らしく重賞1~2着の実績が必要

【年齢】:4~5歳馬が圧倒

【前走】:1~2着20頭中13頭は前走4着以下。前走6着以下でも問題ない

【ステップ】:前走でG1・5着馬以内の馬は崩れない

~ 2017中央競馬全重賞データバイル(株式会社メディアミックス)より引用 ~

以上、少しでも参考になれば幸いです。

騎手評価、私の本命馬、購入馬券については、日曜日の午前中にアップ予定です。

宜しくお願いいたします。

関連記事はこちら